サインバルタの服用方法と副作用

抗うつ剤サインバルタとは?どのような効果や副作用があるのか。 - 抗うつ剤サインバルタの効果と副作用について

抗うつ剤サインバルタの効果と副作用について

うつ病の薬にサインバルタというものがあります。
これは効果的とも言われる薬でもあるのですが、副作用もあります。
では、副作用とどのように向き合ってうつ病を改善していくといいのでしょうか?

【サインバルタの効果とは?】

サインバルタはノルアドレナリンとセロトニンの濃度を上げてくれるという働きがあります。
なので、抗うつ剤の薬として扱われています。
朝食後に服用し、そこからゆっくりと体の中へ浸透して、6時間後にはピークで効果が効いている状態になります。
なので、仕事をしている人はその時間を逆算して服用するようにします。
効果がある時はうつの症状は出にくくなり、平穏な状態で居られる効果があります。

【サインバルタの副作用とは?】

うつ病には効果のある薬とはいってもやっぱり副作用はあります。
その中でも便秘になりやすかったり、口が渇いたり、目まいやふらつきが起こりやすくなってしまう症状が出てしまいます。
また頻度は少ないとは言われていますが、胃腸障害も起こってしまい、内臓の働きが悪くなってしまう事から体重が増える、つまり太りやすくなってしまう副作用もあるのです。
ノルアドレナリンの濃度を上げる事で、イライラや焦ってしまう精神状態になってしまう事もあるようです。
うつ病になってしまった時にはどのようにして改善をしていくのか?というプランを立てる事も大切なのです。

【改善には薬物療法と自然療法を取り入れよう】

サインバルタは抗うつ剤としても人気のある薬で、副作用は他の薬と比べると比較的少ないとも言われています。
しかし飲み続けるのはあまり好ましくないとの情報もあるので、適度な量を服用して、他は自然療法などを取り入れて改善していくといいと思います。

関連する記事