サインバルタの服用方法と副作用

抗うつ剤サインバルタとは?どのような効果や副作用があるのか。 - 1人暮らしはうつ病にかかりやすいの?

1人暮らしはうつ病にかかりやすいの?

うつ病は知らない間にかかってしまう事が多いと言われています。
人に会いたくない!と思ったり、生きる気力が無くなってしまうという症状などがあるようです。
では、1人暮らしをしているとうつ病にかかりやすいのでしょうか?調べてみましょう。

【感情を溜める人ほどうつ病にかかりやすい】

思った事をすぐに口に出せる人、その逆で溜め込んでしまう人とそれぞれ性格があります。
それはその人らしさでもあり、良いも悪いもありません。
しかし、思った事を言い出せずについつい溜め込みがちになってしまう事がうつ病になってしまう事もあるのです。
それは感情の行き場所が無くなってしまい、自分自身を疲れさせてしまう事で起こってしまいます。
常に感情を発散させるという事は大事なので、喜怒哀楽を表に出す事は適度にある方がよいのです。

【1人で暮らすとうつ病になってしまう?】

感情を適度に出すという点において、1人暮らしをしている人はどうでしょうか?
家に戻ると1人なので、ついつい黙りがちになって感情を出す機械も少なくなってしまいます。
しかし1人で暮らしているからといってうつ病になってしまうという心配は必要ないでしょう。
うつ病は1人で暮らしていてもかかる人はいますし、大勢で暮らしている人でもかかるもので個人差があります。
でもうつ病になってからの1人暮らすはおすすめしません。
それは精神状態をコントロール出来なくなった時に自分を傷つけてしまう行為もあるからなのです。

【いつでもうつ病になってしまう危険はあります】

思った事を気軽に口に出せる状況を作るという事はとても大切で、感情を出す事も大事です。
また、うつ病になってしまった時にはサインバルタのような抗うつ剤もあるので、服用しながら改善もしていけるでしょう。

関連する記事